コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元良親王 もとよししんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元良親王 もとよししんのう

890-943 平安時代中期,陽成天皇の皇子。
寛平(かんぴょう)2年生まれ。母は藤原遠長の娘。三品(さんぼん),兵部卿。和歌にすぐれ,風流,色ごのみの人として知られた。歌は「後撰(ごせん)和歌集」以下の勅撰集に20首はいっている。天慶(てんぎょう)6年7月26日死去。54歳。家集に「元良親王集」。
【格言など】侘びぬれば今はた同じ難波(なには)なるみをつくしても逢はむとぞ思ふ(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

元良親王

没年:天慶6.7.26(943.8.29)
生年寛平2(890)
平安前期の皇族で公卿陽成天皇と主殿頭藤原遠長の娘の皇子。三品。歌人として知られ,好色で風流人だった。その恋愛遍歴は家集『元良親王集』からうかがわれ,「いみじき色好におはしましければ,世にある女の,よしと聞こゆるには,逢ふにも逢はぬにも,文やり歌詠みつつやり給ふ」というありさま。『徒然草』によると,声はよく通って美しく,正月の奏賀のときなど大極殿から鳥羽の作道まで聞こえたという。距離を考えれば誇張であることは明らか。弟の元平親王と「寝覚めの恋」と「暁の別れの恋」について和歌で競いあった(『陽成院親王二人歌合』)。兵部卿に至る。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

もとよししんのう【元良親王】

890~943) 平安中期の歌人。陽成天皇の皇子。三品兵部卿。「大和物語」などで色好みとして知られ、恋愛贈答歌を多く残す。「後撰和歌集」以下の勅撰集に二〇首入集。家集「元良親王集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の元良親王の言及

【鳥羽作道】より

…古よりの名なり。元良(もとよし)親王(陽成天皇皇子,943没),元日の奏賀の声,甚だ殊勝にして,大極殿より鳥羽の作道まで聞えけるよし,李部王(醍醐天皇皇子,重明(しげあきら)親王,954没)の記に侍るとかや〉という逸話を伝えている。白河上皇により鳥羽殿が営まれてからは〈鳥羽の西大路〉とも呼ばれ,離宮へ至る表街道となり,この道を南下し淀から舟で淀川を下るコースが利用された。…

※「元良親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

元良親王の関連キーワード承香殿俊子誨子内親王百人一首閑院大君一条君勅撰集没年中務

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android