コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兇器準備集合罪 きょうきじゅんびしゅうごうざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兇器準備集合罪
きょうきじゅんびしゅうごうざい

2人以上の者が他人の生命,身体,財産に害を加える目的で兇器を準備し,または兇器の準備があることを知って集合する罪 (刑法 208ノ2) 。暴力団犯罪対策の一環として 1958年に新設された規定だが,学生,労働者の学園占拠や街頭闘争の事前抑制,現場における鎮圧の手段として多く用いられてきた。ここでいう兇器には銃砲,刀剣などの性質上の兇器のほか,棒,石などの用法上の兇器も含まれる。判例によれば,プラカードや旗竿も用い方によれば兇器となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android