コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旗竿 はたざおflag stick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旗竿
はたざお
flag stick

ゴルフコースグリーン上のホールの位置を示すために立てられる標識。一般的にはピン pinという。7フィート (約 2.1m) 以上の竿 (さお) の先端に旗がついている (旗でなくてもかまわない) 。この旗とは別に,竿に球状の目印をつけるところが多く,目印が竿の中央より上部の場合はホールの位置がグリーンの中央より奥,下部にあるときはホールが中央より手前にあることを示している。また,アメリカのペンシルバニアの名門コース,メリオン・ゴルフクラブでは旗の代わりに赤いかごを使用しており,名物となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はた‐ざお〔‐ざを〕【旗×竿】

旗をつけて掲げるためのさお。
アブラナ科の越年草。海辺の砂地や山野に生え、高さ約70センチ。旗竿のように直立し、茎に互生する葉は長楕円形で、基部は矢じり形となり茎を抱く。春から夏に、白い4弁花を総状につける。果実は細長く、果皮が二つに裂ける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

防府市歴史用語集の解説

旗竿

 旗をかかげるための竿です。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

はたざお【旗竿】

旗をつけて掲げる竿。
アブラナ科の越年草。山野・海辺に自生。茎は直立し、高さ30~90センチメートル。葉は互生し、披針形、基部は矢じり形で茎を抱く。春、茎頂に白色の小花を総状につける。果実は細長く上を向いてつき、裂開する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

旗竿の関連情報