旗竿(読み)はたざお(英語表記)flag stick

  • はたざお ‥ざを
  • はたざお〔ざを〕
  • 旗×竿
  • 旗竿 (ハタザオ)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルフコースでグリーン上のホールの位置を示すために立てられる標識。一般的にはピン pinという。7フィート (約 2.1m) 以上の竿 (さお) の先端がついている (旗でなくてもかまわない) 。この旗とは別に,竿に球状目印をつけるところが多く,目印が竿の中央より上部の場合はホールの位置がグリーンの中央より奥,下部にあるときはホールが中央より手前にあることを示している。また,アメリカのペンシルバニアの名門コース,メリオン・ゴルフクラブでは旗の代わりに赤いかごを使用しており,名物となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Arabis glabra
植物。アブラナ科の越年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 旗をつける竿。
※平家(13C前)二「旗ざほ共ひきそばめひきそばめ馬の腹帯をかため」
② アブラナ科の越年草。北半球の温帯に広く分布し、各地の山野・砂地にはえる。高さ〇・五~一メートル。根生葉は倒披針形で放射状につき、縁は歯牙状。茎葉は披針形、または長楕円形で基部は切れ込み、茎を抱く。春から夏、茎頂の総状花序にごく小さな白い四弁花が次々と咲く。果実は長さ四~六センチメートルの線形で花軸に沿って直立する。漢名、南芥菜。〔物品識名(1809)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android