コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先入先出法・後入先出法 さきいれさきだしほうあといれさきだしほう

1件 の用語解説(先入先出法・後入先出法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さきいれさきだしほうあといれさきだしほう【先入先出法・後入先出法】

商品や材料などの棚卸資産の原価を期中の売上(払出)分と期末残存分(期末棚卸高)に配分する二つの方法。〈先入先出法first‐in first‐out method(fifo)〉とは,最初に受け入れたもの(前期繰越分も含む)から順次売り上げられるという仮定のもとで売上原価(払出原価)と期末棚卸高を決定する方法である。これに対して〈後入先出法last‐in first‐out method(lifo)〉とは,先入先出法とは逆に,最も新しく受け入れたものから順次売り上げられるという仮定のもとに売上原価と期末棚卸高を決定する方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone