先入先出法・後入先出法(読み)さきいれさきだしほうあといれさきだしほう

世界大百科事典 第2版の解説

商品や材料などの棚卸資産の原価を期中の売上(払出)分と期末残存分(期末棚卸高)に配分する二つの方法。〈先入先出法first‐in first‐out method(fifo)〉とは,最初に受け入れたもの(前期繰越分も含む)から順次売り上げられるという仮定のもとで売上原価(払出原価)と期末棚卸高を決定する方法である。これに対して〈後入先出法last‐in first‐out method(lifo)〉とは,先入先出法とは逆に,最も新しく受け入れたものから順次売り上げられるという仮定のもとに売上原価と期末棚卸高を決定する方法である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android