コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光ルミネセンス ひかりルミネセンス photoluminescence

2件 の用語解説(光ルミネセンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光ルミネセンス
ひかりルミネセンス
photoluminescence

ケイ光やリン光などのように,物質が光による刺激で発光する現象。一般に刺激光 (照射光) の波長と同じか,それより長い波長の光が出る。どのような波長の光でルミネセンスが起るかの効率を表わしたものを励起スペクトルという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひかり‐ルミネセンス【光ルミネセンス】

ルミネセンスの一種。蛍光体などの物質が外部から光・紫外線・X線などのエネルギーを吸収して励起し、基底状態に戻るときに発光する現象。また、その光。吸収した光と放射する光はそれぞれの波長が異なり、一般に放射する光の波長の方が長い(ストークスの法則)。フォトルミネセンス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の光ルミネセンスの言及

【ルミネセンス】より


[種類]
 ルミネセンスはエネルギーを与える刺激によって以下のように分類される。(1)光ルミネセンス 光の励起によって発光するルミネセンスで,フォトルミネセンスとも呼ばれ,蛍光灯や蛍光塗料など多方面に用いられている。(2)熱ルミネセンス 蛍光体に刺激を与えて励起し,その刺激を断ってから温度をあげたときに生ずるルミネセンス。…

※「光ルミネセンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

光ルミネセンスの関連キーワード熱ルミネセンス摩擦ルミネセンスX線ルミネセンス音化学ルミネセンス音ルミネセンス音響ルミネセンス電界ルミネセンス熱ルミネセンス線量計ラジオフォトルミネセンス光刺激ルミネセンス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光ルミネセンスの関連情報