コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光ルミネセンス ひかりルミネセンスphotoluminescence

2件 の用語解説(光ルミネセンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光ルミネセンス
ひかりルミネセンス
photoluminescence

ケイ光やリン光などのように,物質が光による刺激で発光する現象。一般に刺激光 (照射光) の波長と同じか,それより長い波長の光が出る。どのような波長の光でルミネセンスが起るかの効率を表わしたものを励起スペクトルという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひかり‐ルミネセンス【光ルミネセンス】

ルミネセンスの一種。蛍光体などの物質が外部から光・紫外線・X線などのエネルギーを吸収して励起し、基底状態に戻るときに発光する現象。また、その光。吸収した光と放射する光はそれぞれの波長が異なり、一般に放射する光の波長の方が長い(ストークスの法則)。フォトルミネセンス

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の光ルミネセンスの言及

【ルミネセンス】より


[種類]
 ルミネセンスはエネルギーを与える刺激によって以下のように分類される。(1)光ルミネセンス 光の励起によって発光するルミネセンスで,フォトルミネセンスとも呼ばれ,蛍光灯や蛍光塗料など多方面に用いられている。(2)熱ルミネセンス 蛍光体に刺激を与えて励起し,その刺激を断ってから温度をあげたときに生ずるルミネセンス。…

※「光ルミネセンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光ルミネセンスの関連情報