コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光ルミネセンス ひかりルミネセンスphotoluminescence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光ルミネセンス
ひかりルミネセンス
photoluminescence

ケイ光やリン光などのように,物質が光による刺激で発光する現象。一般に刺激光 (照射光) の波長と同じか,それより長い波長の光が出る。どのような波長の光でルミネセンスが起るかの効率を表わしたものを励起スペクトルという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひかり‐ルミネセンス【光ルミネセンス】

ルミネセンスの一種。蛍光体などの物質が外部から光・紫外線・X線などのエネルギーを吸収して励起し、基底状態に戻るときに発光する現象。また、その光。吸収した光と放射する光はそれぞれの波長が異なり、一般に放射する光の波長の方が長い(ストークスの法則)。フォトルミネセンス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の光ルミネセンスの言及

【ルミネセンス】より


[種類]
 ルミネセンスはエネルギーを与える刺激によって以下のように分類される。(1)光ルミネセンス 光の励起によって発光するルミネセンスで,フォトルミネセンスとも呼ばれ,蛍光灯や蛍光塗料など多方面に用いられている。(2)熱ルミネセンス 蛍光体に刺激を与えて励起し,その刺激を断ってから温度をあげたときに生ずるルミネセンス。…

※「光ルミネセンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光ルミネセンスの関連キーワードフランク(Il'ya Mihaylovich Frank)グッデン‐ポール効果多孔質シリコンストークス蛍光ガラスバビロフグロー蛍光

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android