りん光(読み)リンコウ

化学辞典 第2版「りん光」の解説

りん光
リンコウ
phosphorescence

古くはルミネセンスと同義に,また蛍光とも区別せずに用いてきたが,現在ではルミネセンスのうち,刺激源を取り除いても発光が残存するものをいう.残存時間で蛍と区別することもあるが,その境界は不明である.りん光は温度や環境による強度減衰時間の変化が大きく,減衰も指数関数的でないことが多い.有機蛍光体では,励起三重項状態から基底状態への遷移による発光をりん光といい,励起一重項状態からの遷移を蛍光とよんでいる.りん光は禁制遷移によるので,寿命は長く,かつ周囲の影響を受けやすい.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android