コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光子内親王 みつこないしんのう

美術人名辞典の解説

光子内親王

後水尾天皇の皇女幼名は緋宮。延宝8年落飾し元瑶と号した。林丘寺を創建した。のち隠居して普明院と号した。享保12年(1727)薨去、94才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

光子内親王 (みつこないしんのう)

生年月日:1634年7月1日
江戸時代前期;中期の女性。後水尾天皇の皇女
1727年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

光子内親王の関連キーワード修学院離宮(しゅがくいんりきゅう)後水尾天皇藤原超子生年月日照山元瑶元瑶尼

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android