コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学兵器 コウガクヘイキ

3件 の用語解説(光学兵器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうがく‐へいき〔クワウガク‐〕【光学兵器】

軍事用の光学器械潜望鏡探照灯・照準具・暗視装置など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうがくへいき【光学兵器】

軍用の光学器材。距離測定用器材・レーザー光線応用器材など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光学兵器
こうがくへいき
optical weapon

兵器として使われる光学機器。望遠鏡双眼鏡、潜望鏡、測遠器、照準器、探照灯、照空灯カメラなどがそれにあたる。近年では電子技術を応用した電子光学システムElectro-Optical Systemが多用されている。おもなEOシステムには、微弱な可視光線あるいは近赤外線を増幅し、目の前に投影する光増幅式暗視装置、赤外線を可視光線に変えて投影する熱線暗視装置、高感度のテレビカメラである低光量テレビLow-Light-Level Television(LLLTV)などがある。携帯用、車載用、航空機搭載用など各種があり、爆弾やミサイルの照準や誘導にも応用されている。EO技術の発達で暗夜でも昼間と同じような戦闘が行えるので、昼間に攻撃や進軍して夜は休むという昔のような戦争のやり方は通用しなくなっている。[大谷内一夫・野木恵一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光学兵器の関連キーワード応用物理学光学器械照準器潜望鏡探照灯物理光学竿檣ペリスコープ光学器械工業

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光学兵器の関連情報