コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光宗 こうしゅう

2件 の用語解説(光宗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光宗 こうしゅう

1276-1350 鎌倉-南北朝時代の僧。
建治(けんじ)2年生まれ。比叡(ひえい)山の興円にまなぶ。のち同山の澄豪(ちょうごう)に穴太(あのう)流の天台密教をまなび,同門の恵鎮(えちん)とともに黒谷流をひらいた。観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年10月12日死去。75歳。法名ははじめ道光。著作に「渓嵐拾葉集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

光宗

没年:観応1/正平5.10.12(1350.11.12)
生年:建治2(1276)
鎌倉後期・南北朝時代天台宗の学僧,道宗とも称す。延慶2(1309)年比叡山に登って東谷神蔵寺で興円,恵鎮から顕密を学び,義源から神明灌頂を受け,華厳,三論,法相,倶舎,禅,浄土を学んだ。旺盛な知識欲の持ち主で,医法,歌道,兵法,術法,算道にも通じた。光宗の編著にかかる『渓嵐拾葉集』は,神蔵寺,黒谷青竜寺,洛東元応寺,金山院,江州(滋賀県)阿弥陀寺,霊山寺,坂本息障院を転々としながら,応長1(1311)年から貞和4(1348)年まで書き継いだものである。内容は顕密戒禅の秘事口伝や行事,作法を記録したもので,全体は密教的神仏習合説で覆われているが,説話,伝承を含む豊富な内容によって中世研究の資料として重視されている。晩年は息障院に住んだ。<参考文献>平泉澄「『渓嵐拾葉集』と中世の仏教思想」(『史学雑誌』37巻6号),硲慈弘『日本天台の展開とその基調』

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の光宗の言及

【澄豪】より

…《総持抄》ほか台密の著作は多い。弟子に永慶,豪鎮,恵鎮らがあり,門流から《渓嵐拾葉(けいらんしゆうよう)集》の著者として知られる黒谷の光宗(こうしゆう)が出ている。【西口 順子】。…

【渓嵐拾葉集】より

…もとは300巻あったと伝えられるが,現存113巻。比叡山西塔北谷の別所黒谷にいた光宗(1276‐1350)の著で,1318年(文保2)6月の自序がある。貴族社会を背景に繁栄した顕密の大寺院では,仏事・法会がさかんに催され,その次第を書きとどめた無数の資料が残された。…

※「光宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

光宗の関連キーワード越溪敬長世尊寺伊俊六如慈周孝暢持明院統大覚寺統慈遍玄慧慈厳定尊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光宗の関連情報