渓嵐拾葉集(読み)けいらんしゅうようしゅう

大辞林 第三版の解説

けいらんしゅうようしゅう【渓嵐拾葉集】

仏書。光宗著。三〇〇巻のうち現存一一六巻。1311年から47年までの間の筆録。天台宗の伝承のほか、政治・経済・文化など、多方面の知識を記録。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいらんしゅうようしゅう【渓嵐拾葉集】

鎌倉時代末の仏教書。もとは300巻あったと伝えられるが,現存113巻。比叡山西塔北谷の別所黒谷にいた光宗(1276‐1350)の著で,1318年(文保2)6月の自序がある。貴族社会を背景に繁栄した顕密の大寺院では,仏事法会がさかんに催され,その次第を書きとどめた無数の資料が残された。また教理の研修に際して作られた筆録聞書も,膨大なものであった。本書は,《阿娑縛抄(あさばしよう)》《覚禅抄》と並ぶ,中世の仏教教学集成の代表的な書である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けいらんしゅうようしゅう ケイランシフエフシフ【渓嵐拾葉集】

天台宗の僧光宗(一二七六‐一三五〇)の著。一一六巻。文保二年(一三一八)序。天台の故事、口伝を集輯し、自己の思想や先輩の諸説を整理したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android