コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光岡明 ミツオカアキラ

2件 の用語解説(光岡明の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みつおか‐あきら〔みつをか‐〕【光岡明】

[1932~2004]小説家。熊本の生まれ。新聞社に勤務するかたわら執筆活動を行う。ルポルタージュを思わせる手法で、戦時中の人間心理や日常生活に潜むあやうさを描いて評価された。「機雷」で直木賞受賞。他に「草と草との距離」「いづくの蟹」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光岡明 みつおか-あきら

1932-2004 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和7年11月3日生まれ。熊本日日新聞社にはいり,昭和57年論説副委員長。この間小説を手がけ,57年戦争下の人間の生死の意味をさぐった「機雷」で直木賞。ほかに小説「草と草との距離」,ルポルタージュ「柳川の水よ,よみがえれ」など。60年熊本近代文学館館長。平成16年12月22日死去。72歳。熊本県出身。熊本大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

光岡明の関連キーワード西塚泰美江口週小野木朝子木戸蓊古賀憲司佐野ぬい長岡毅服部ケイ山田信夫(2)脇村春夫

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光岡明の関連情報