コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光岡明 ミツオカアキラ

デジタル大辞泉の解説

みつおか‐あきら〔みつをか‐〕【光岡明】

[1932~2004]小説家。熊本の生まれ。新聞社に勤務するかたわら執筆活動を行う。ルポルタージュを思わせる手法で、戦時中の人間心理や日常生活に潜むあやうさを描いて評価された。「機雷」で直木賞受賞。他に「草と草との距離」「いづくの蟹」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光岡明 みつおか-あきら

1932-2004 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和7年11月3日生まれ。熊本日日新聞社にはいり,昭和57年論説副委員長。この間小説を手がけ,57年戦争下の人間の生死の意味をさぐった「機雷」で直木賞。ほかに小説「草と草との距離」,ルポルタージュ「柳川の水よ,よみがえれ」など。60年熊本近代文学館館長。平成16年12月22日死去。72歳。熊本県出身。熊本大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

光岡明の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広小津安二郎稲垣浩キューカー