光彩陸離(読み)こうさいりくり

精選版 日本国語大辞典 「光彩陸離」の意味・読み・例文・類語

こうさい‐りくり クヮウサイ‥【光彩陸離】

〘形動タリ〙 光彩が乱れちらばるさま。美しくきらめくさま。
※美術真説(1882)〈フェノロサ〉「油絵於て〈略〉其光彩陸離偶々凡眼を眩着すべきも」
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉八月暦「火の海、光の空、光彩陸離(クヮウサイリクリ)として」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「光彩陸離」の意味・読み・例文・類語

こうさい‐りくり〔クワウサイ‐〕【光彩陸離】

[ト・タル][文][形動タリ]
光が入り乱れて、美しくきらめくさま。
「此女の帯は…―たる矢鱈やたらに奇麗なものだ」〈漱石趣味遺伝
物事が、他を圧してすばらしいさま。「光彩陸離たる作品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

四字熟語を知る辞典 「光彩陸離」の解説

光彩陸離

はなやかな彩りが光を受けて、美しくきらめく様子

[活用] ―たる・―として。

[使用例] 光彩陸離たるやたらに奇麗なものだ[夏目漱石*趣味の遺伝|1906]

[使用例] 「二十の扉」のレギュラー、トビラの宮田としての名は、その看板をいやが上にも光彩陸離たるものにしたことは[徳川夢声*いろは交友録|1953]

[解説] 「陸離」は光がとびはねるように入り乱れて輝く様子。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android