コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十/廿 ニジュウ

デジタル大辞泉の解説

に‐じゅう〔‐ジフ〕【二十/×廿】

10の2倍の数。
20歳。はたち。

はた【二十】

にじゅう。現代では、ふつう「ち」を伴って「はたち」の形で用いられるほか、「はたとせ」「はたえ」のように用いられる。
「指(および)を屈(かが)めて、十(とを)、―、三十(みそ)、四十(よそ)など数ふるさま」〈空蝉

はた‐ち【二十/二歳/×廿】

20歳。「―を迎える」
20。
「比叡の山を―ばかり重ねあげたらむほどして」〈伊勢・九〉

ふたそ‐じ〔‐ぢ〕【二十/二十路】

二十(にじゅう)。また、二十年。二十歳。→十路

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はた【二十】

数の名。にじゅう。 「 -とせ」 「 -ち」 「十重-重とえはたえ」 「十とお、-、三十みそ、四十よそなど数ふるさま/源氏 空蟬」 〔単独で使われることはごくまれ。多くは「ち」を伴って「はたち」の形で用い、また名詞・助数詞とともに用いる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二十/廿の関連キーワード二十四組問屋(にじゅうよくみどんや)新しい日本をつくる国民会議icosathlon対華二十一ヵ条要求二十一か条要求二十一箇条要求二十四番花信風高野悦子(2)二十四の奇想曲二十五箇霊場大進化の法則北二十二条西Wデカスロン北二十一条西北二十条西進化の法則誠言院達照京たんご梨うみやめ星二十六聖人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android