二十/廿(読み)ニジュウ

デジタル大辞泉の解説

に‐じゅう〔‐ジフ〕【二十/×廿】

10の2倍の数。
20歳。はたち。

はた【二十】

にじゅう。現代では、ふつう「ち」を伴って「はたち」の形で用いられるほか、「はたとせ」「はたえ」のように用いられる。
「指(および)を屈(かが)めて、十(とを)、―、三十(みそ)、四十(よそ)など数ふるさま」〈空蝉

はた‐ち【二十/二歳/×廿】

20歳。「―を迎える」
20。
「比叡の山を―ばかり重ねあげたらむほどして」〈伊勢・九〉

ふたそ‐じ〔‐ぢ〕【二十/二十路】

二十(にじゅう)。また、二十年。二十歳。→十路

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はた【二十】

数の名。にじゅう。 「 -とせ」 「 -ち」 「十重-重とえはたえ」 「十とお、-、三十みそ、四十よそなど数ふるさま/源氏 空蟬」 〔単独で使われることはごくまれ。多くは「ち」を伴って「はたち」の形で用い、また名詞・助数詞とともに用いる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android