コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光村弥兵衛 みつむら やへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光村弥兵衛 みつむら-やへえ

1827-1891 幕末-明治時代の実業家。
文政10年生まれ。横浜で外国船員相手に小商いをはじめ,慶応3年開港直前の神戸に移転。同郷伊藤博文,井上馨の引き立てで官営事業をうけおい,明治2年廻船問屋長門屋を設立し,西日本の海運業界を支配して東の岩崎弥太郎とならび称された。子に光村利藻(としも)。明治24年2月20日死去。65歳。周防(すおう)(山口県)出身。本姓水木

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

光村弥兵衛の関連キーワード明治時代実業家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android