コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主殿造 しゅでんづくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主殿造
しゅでんづくり

室町時代末期から安土桃山時代にかけて造られた住宅の一形式。主殿と呼ばれる建物が中心となる。寝殿造の簡略化した形式で,中門や車寄せが設けられる。近世の武士住宅である書院造の原形を主殿造とする説があったが,現在では否定されている。勧学院客殿 (1600) ,光浄院客殿 (01) がその典型である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅでん‐づくり【主殿造(り)】

室町時代の初期の書院造で、出入口として門廊を設けたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

主殿造の関連情報