コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帳台構 ちょうだいがまえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帳台構
ちょうだいがまえ

書院造の上段の間,床,違い棚をはさんで付書院の反対側に一段高く敷居を入れ,丈の低い襖を立てた座敷飾りをいう。寝殿造寝室である塗籠 (ぬりごめ) には帳が置かれ,浜床 (はまゆか) と呼ばれる台がついていたことからこの名がある。初期のものは奥が閉鎖的で納戸 (寝室) となっていたことから,納戸構とも呼ばれる。元来は寝室の入口が装飾化したものと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の帳台構の言及

【帳台】より

…これは帳帷のかわりに障子で囲んだものである。平安後期に使われ,これが後の帳台構(ちようだいがまえ)の原型になった。【小泉 和子】
[帳台構]
 大規模な書院造住宅の主室を飾る座敷飾要素の一つで,押板(床の間),違棚(ちがいだな),付書院(つけしよいん)と組み合わせる。…

※「帳台構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帳台構の関連キーワード日本の民家武者隠し光浄院床の間寝間住宅座敷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帳台構の関連情報