コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免疫細胞系 めんえきさいぼうけいimmunocyte

世界大百科事典 第2版の解説

めんえきさいぼうけい【免疫細胞系 immunocyte】

免疫応答に関与する細胞の総称。抗原の特異性に対応した,いわゆる特異的免疫を分担しているのはリンパ球であるが,非特異的免疫はおもにマクロファージとナチュラルキラー細胞の役割である。これらの細胞系は独立に働くこともあるが,相互作用によって機能を発現することが多い。マクロファージのほとんどすべてとリンパ球は,後期胎児以後では骨髄に定着する造血幹細胞に由来する。幼若リンパ球のあるものは胸腺に移ってT細胞に分化し,またあるものは,鳥類では総排出腔近くのファブリキウス囊で,他の脊椎動物では未知のどこかで(骨髄内という説もある)B細胞に分化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

免疫細胞系の関連キーワードファブリキウス