コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児山紀成 こやま のりしげ

美術人名辞典の解説

児山紀成

国学者。通称勇・直次郎・新八郎・勝之進、号は梅園・愛松軒・四生。早川直記の三男、児山平三可至の養嗣子。伊勢鈴鹿郡生、江戸住。はじめ伴蒿蹊・有賀長収、のち香川景樹に国学を学ぶ。著書に『蝦夷日記』『真間紅葉見の記』等がある。天保11年(1840)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児山紀成 こやま-のりしげ

1777-1840 江戸時代後期の武士,歌人。
安永6年生まれ。幕臣。文化5年蝦夷地(えぞち)御用掛の夏目長左衛門にしたがって択捉(えとろふ)島にわたる。香川景樹(かげき)にまなび,桂門十哲のひとりにあげられ,江戸に桂園派をひろめた。天保(てんぽう)11年4月27日死去。64歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓は早川。通称は勇,勝之進。号は愛松軒。著作に「蝦夷日記」,歌集に「影前百首」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

児山紀成の関連キーワード国学者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android