コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉梅嶺 こだま ばいれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉梅嶺 こだま-ばいれい

?-1766 江戸時代中期の医師,書家。
備後(びんご)(広島県)尾道の医師の家に生まれ,京都に遊学。尊円入道親王の真筆を入手して数年かけてまなび,一家をなした。のち帰郷し,医業をつぐ。明和3年4月29日死去。名は懐。字(あざな)は元迪。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児玉梅嶺の関連キーワード浮世草子中興俳諧明和事件島精機製作所鳥辺山ドルトン明和事件ラオコーンアガトン物語繁野話

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone