児童サービス(読み)じどうさーびす(英語表記)children’s service

図書館情報学用語辞典の解説

児童サービス

公共図書館が提供するサービスの中で,特に幼児から中学1年生程度を対象とするもの.児童奉仕ともいう.幼児や児童は文字や本に初めて接する年代であり,この時代の体験が生涯の読書習慣の形成や図書館利用に大きな影響を及ぼすため,読書は楽しいもの,図書館は楽しい所といったことが体感的に理解されるようなサービスが必要とされる.具体的には,児童用コレクションの構築と運用,本の紹介や本選びの援助,また,ストーリーテリング,読み聞かせ,ブックトーク,お話し会など子ども向けの集会の開催や学級訪問などの行事などがあり,さらに特別な施設に収容されている児童へのサービス,団体貸出を始めとする子ども文庫や親子読書会への協力が含まれる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

児童サービスの関連情報