コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入るさ イルサ

デジタル大辞泉の解説

いる‐さ【入るさ】

《「さ」は接尾語》月などのはいる時、または、はいる方角。いりがた。多くは歌枕「いるさの山」にかけて用いる。
「夕月夜―の山の木隠れにほのかにも鳴くほととぎすかな」〈千載・夏〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いるさ【入るさ】

〔「さ」は時や方角を示す接尾語〕
はいるとき。はいる方角。和歌などでは「いるさのやま」にかけて用いられる。 「 -の月」 「里分かぬ影をば見れど行く月の-の山をたれかたづぬる/源氏 末摘花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

入るさの関連キーワード有耶無耶の関いちご煮ちらちらがばがばずぶずぶがぼがぼいきなり入佐山木隠れずぶり末摘花沁沁善く忸怩

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入るさの関連情報