コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入るさ イルサ

デジタル大辞泉の解説

いる‐さ【入るさ】

《「さ」は接尾語》月などのはいる時、または、はいる方角。いりがた。多くは歌枕「いるさの山」にかけて用いる。
「夕月夜―の山の木隠れにほのかにも鳴くほととぎすかな」〈千載・夏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いるさ【入るさ】

〔「さ」は時や方角を示す接尾語〕
はいるとき。はいる方角。和歌などでは「いるさのやま」にかけて用いられる。 「 -の月」 「里分かぬ影をば見れど行く月の-の山をたれかたづぬる/源氏 末摘花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入るさの関連キーワード有耶無耶の関がばがばがぼがぼいきなりずぶずぶちらちらいちご煮末摘花入佐山木隠れずぶり沁沁忸怩善く

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入るさの関連情報