コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入内雀 ニュウナイスズメ

デジタル大辞泉の解説

にゅうない‐すずめ〔ニフナイ‐〕【入内×雀】

ハタオリドリ科の鳥。全長14センチくらい。スズメに似るが、背面の赤みが強く、ほおに黒い部分がない。ユーラシア東部に分布。夏は山林に生息し、冬は稲田に集まる。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうないすずめ【入内雀】

スズメ目ハタオリドリ科の鳥。大きさと形はスズメによく似るが、羽色は全体に明るく、雌雄で色を異にし、顔の黒斑を欠く。日本では北海道・本州中部以北で繁殖。昔、東国に流されて死んだ藤原実方中将の霊が雀になって内裏に帰ってきたという伝説が名の由来という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

入内雀 (ニュウナイスズメ)

学名:Passer rutilans
動物。ハタオリドリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android