コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオ

デジタル大辞泉の解説

しお〔しほ〕【入】

[接尾]助数詞。染色のときに染料に布を浸す度数を数えるのに用いる。また、古く、酒を醸造するとき、酒を醸(か)む回数を数えるのにも用いる。
「紅の八―の衣」〈・二六二三〉
「八―折の酒を醸み」〈・上〉
「眉(まゆ)は漆にて百―(ももしほ)塗ったる如にして」〈太平記・二三〉

じゅ【入】[漢字項目]

にゅう

にゅう【入】[漢字項目]

[音]ニュウ(ニフ)(呉) ジュ(慣) ジュウ(ジフ)(漢) [訓]いる いれる はいる しお
学習漢字]1年
〈ニュウ〉
ある区域や範囲の中にはいる。「入学入国入浴加入介入混入参入出入侵入潜入転入突入没入乱入
いれる。「入金入手入籍入念記入吸入購入収入挿入注入投入納入搬入編入輸入
必要とする。「入費入用
漢字の四声の一。入声(にっしょう)。「平上去入(ひょうじょうきょにゅう)」
〈ジュ〉はいる。「入水入内(じゅだい)入木(じゅぼく)入洛(じゅらく)
[補説]「入魂(じっこん)」のジッは入声音ジフの音変化、「入唐(にっとう)」「入宋(にっそう)」のニッは入声音ニフの音変化。
[名のり]いり・なり
[難読]一入(ひとしお)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しお【入】

( 接尾 )
助数詞。布を染めるとき、染料に浸す度数を数えるのに用いる。古くは、酒の醸造のとき、酒を醸む度数にもいう。 「千-ちしお」 「紅の八-の衣/万葉集 2623」 「船ごとに其の八-折の酒を盛りて/古事記 上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入の関連キーワード郷に入っては郷に従う入り違い・入違い小川長楽(初代)林門入(4世)Message源氏物語奥入東京絵入新聞労働移動者抛入花伝書尾張大海媛楽吉左衛門Shine八坂入彦命御意に召す異類求婚譚全入時代のんこう田中了入君に届け仕入割引

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入の関連情報