コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江昌喜 いりえ まさよし

2件 の用語解説(入江昌喜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入江昌喜 いりえ-まさよし

1722-1800 江戸時代中期-後期の国学者。
享保(きょうほう)7年6月21日生まれ。大坂の商人で,隠居後本格的に国学の研究をする。契沖に私淑,小沢蘆庵としたしかった。寛政12年8月12日死去。79歳。通称は榎並屋半次郎。号は白沢老人,狻猊子,幽遠窟,獅子童など。著作に「幽遠随筆」「万葉類葉抄補闕」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

入江昌喜

没年:寛政12.8.12(1800.9.30)
生年:享保7.6.21(1722.8.2)
江戸中期の国学者。大坂石灰町商家の出身,父道喜の次男。白沢老人,長翁,獅子童,幽遠窟などと号した。3歳で父を,24歳で兄を亡くし家業を継いだ。しかし国学研究の初志をあきらめず,隠居を機に50歳ころから,学芸に没頭。正味20年余にものした著書には,緻密な語義考証や注釈をはじめ数種の随筆もあり,質量とも目を見張らされる。『幽遠随筆』(2冊,1774)は,巷の雑事に俗語考証などを加え,身辺の事情も自作の歌や俳諧から窺えて味わい深いが,さきに絶版処分となった松木淡々の『俳諧三部書』を引用したとして,発禁となった。『久保之取蛇尾』(3冊,1784)は後刷りも多く,永く行われた考証随筆。奮励努力の人であり,学問に楽しみを見いだす才能に恵まれた人物であった。<著作>『幽遠随筆』(『日本随筆大成』1期16巻),『久保之取蛇尾』(『続日本随筆大成』11巻)<参考文献>森繁夫『入江昌喜翁』,肥田晧三「入江昌喜のこと」(『日本随筆大成』1期16巻付録)

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入江昌喜の関連キーワード安部和貞檜垣貞盈戒言加藤直蔭名倉安興橋村正令国学者川上静庵三鍼竹村茂兵衛

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone