コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江曜子 いりえ ようこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入江曜子 いりえ-ようこ

1935- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和10年2月13日生まれ。春名徹の妻。平成元年満州国皇帝溥儀(ふぎ)の第一夫人婉容の生涯をえがいた「我が名はエリザベス」で新田次郎文学賞。ほかに「貴妃は毒殺されたか」,ジョンストン紫禁城の黄昏」(共訳)などがある。東京出身。慶大卒。本名は春名殷子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

入江曜子の関連キーワード小説家

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android