コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江為守 いりえ ためもり

美術人名辞典の解説

入江為守

子爵。京都生。冷泉為理の三男、のち入江為福の養子となる。幼少から父に歌学を学び、漢詩は森槐南に就いた。大正4年御歌所長に任命され、侍従次長、皇太后宮太夫を歴任した。また明治天皇昭憲皇太后の御集を編纂した。多趣味で知られる。昭和11年(1936)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入江為守 いりえ-ためもり

1868-1936 明治-昭和時代前期の官僚,歌人。
慶応4年4月20日生まれ。冷泉為理(れいぜい-ためすけ)の3男。入江相政(すけまさ)の父。明治30年貴族院議員。のち東宮侍従長,侍従次長をへて昭和2年皇太后宮大夫。この間大正4年から御歌所所長をかね,「明治天皇御集」「昭憲皇太后御集」編集事業を完成させた。昭和11年3月19日死去。69歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

入江為守の関連キーワード虎ノ門事件虎の門事件阪 正臣御歌所派入江為常冷泉為紀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android