コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入野県立自然公園 いりのけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入野県立自然公園
いりのけんりつしぜんこうえん

高知県南西部,黒潮町南部の海岸にある自然公園。面積 0.90km2。 1956年指定。吹上川と蛎瀬川の河口の間に砂浜海岸,砂丘,国有林のクロマツ林が広がる。延長約 4kmの松原は入野松原 (国の名勝) として知られる。天正年間 (1573~92) に長宗我部元親の家臣である中村城代の谷忠兵衛が植林した,防風,防砂防潮の役割を兼ねる保安林。海岸にはキャンプ場が設けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

入野県立自然公園の関連キーワード国有林大方

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android