入野県立自然公園(読み)いりのけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入野県立自然公園
いりのけんりつしぜんこうえん

高知県南西部,黒潮町南部の海岸にある自然公園。面積 0.90km2。 1956年指定。吹上川と蛎瀬川の河口の間に砂浜海岸,砂丘,国有林のクロマツ林が広がる。延長約 4kmの松原は入野松原 (国の名勝) として知られる。天正年間 (1573~92) に長宗我部元親の家臣である中村城代の谷忠兵衛が植林した,防風,防砂防潮の役割を兼ねる保安林。海岸にはキャンプ場が設けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android