コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒潮町 くろしお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒潮〔町〕
くろしお

高知県南西部,土佐湾に面する町。 2006年大方町と佐賀町が合体。沖合いを流れる黒潮が町名の由来。大部分が山地で,農業と沿岸漁業が中心。北部の丘陵地帯ではシメジエノキを産し,南部では米作,果樹の施設園芸が行なわれ,花卉や葉タバコも栽培する。特に海岸部のラッキョウは有名。古くからカツオ一本釣りが盛んで,佐賀港を中心としたカツオの漁獲量は全国有数。ブリの大敷網漁業も行なわれる。また沖合いではホエール・ウォッチングが楽しめる。吹上川と蛎瀬川の河口間には国の名勝である入野松原が広がり,海岸沿いのクロマツの国有林,砂丘とともに入野県立自然公園に属する。湾岸を土佐くろしお鉄道中村線と国道 56号線が併走する。面積 188.59km2。人口 1万1217(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

黒潮町の関連キーワード[各個指定]芸能部門ヘレン ミレン意匠テキサス大学アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧

黒潮町の関連情報