コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全ソ労働組合中央評議会 ぜんソろうどうくみあいちゅうおうひょうぎかい

百科事典マイペディアの解説

全ソ労働組合中央評議会【ぜんソろうどうくみあいちゅうおうひょうぎかい】

旧ソ連の労働組合の単一中央組織。1918年結成。下部には産業別の各組合中央委員会と地域別の各級評議会があり,中央集権的構成をとり,経済建設計画の立案,生産・経営管理にも参加。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の全ソ労働組合中央評議会の言及

【GCTU】より

…労働組合総連合会と訳す。旧ソ連の全ソ労働組合中央評議会はソ連邦の崩壊により,独立国家共同体(CIS)の各共和国の労働組合の連合した国際組織となった。それが,労働組合総連合会である(1992年4月)。…

※「全ソ労働組合中央評議会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

全ソ労働組合中央評議会の関連キーワードアレクサーンドラ ビリュコワ世界労働組合連盟ペレストロイカ独立国家共同体シェレーピンGCTU

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android