コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国郵便局長会 ゼンコクユウビンキョクチョウカイ

デジタル大辞泉の解説

ぜんこく‐ゆうびんきょくちょうかい〔‐イウビンキヨクチヨウクワイ〕【全国郵便局長会】

昭和28年(1953)に特定郵便局長の私的団体である「全国特定郵便局長会」として結成。郵政民営化に伴い特定郵便局が廃止され、現在の名称に改称した。総務省所管の財団法人全国郵便局長協会連合会は別組織。全特

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全国郵便局長会

民営化されるまで全国特定郵便局長会(全特)として会員数2万人弱を擁し、郵政に大きな影響力を持った。「公務員」だった特定局長は選挙運動ができなかったため、OBらが政治団体「大樹」をつくって自民党を支えた。「大樹」は民営化後、身分規制を解かれた現役局長も加わり「郵政政策研究会」に衣替えした。

(2009-08-24 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

全国郵便局長会の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑川島雄三野村芳太郎森一生単層日本自由党今井正

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全国郵便局長会の関連情報