コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定郵便局 とくていゆうびんきょく

5件 の用語解説(特定郵便局の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特定郵便局
とくていゆうびんきょく

旧郵政事業下で特定郵便局長を長とした郵便局。おおむね小規模で,従業員も2~3人から 10人程度にすぎない。その歴史は古く,郵便の創業当時に,地方の素封家が自宅を提供して設置した郵便取扱所にさかのぼる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特定郵便局

明治時代に郵便制度が始まった際、民間の協力で全国に開設された「郵便取扱所」が前身。特定局長は1948年に国家公務員になった。民営化で郵便局会社が窓口、郵便事業会社が配達の仕事を担うことになり、特定局長という職名はなくなった。旧特定局は約1万9千局で、全体の約8割を占める。全特は53年設立の旧特定局長らの集まり。会員数は約2万人。

(2008-05-17 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とくてい‐ゆうびんきょく〔‐イウビンキヨク〕【特定郵便局】

局員が2、3人から20人程度の郵便局。昭和16年(1941)の郵便局の等級改正により、それまでの三等郵便局に代わるものとして設置された。特定局。平成19年(2007)の郵政民営化後は郵便局株式会社(現日本郵政株式会社)の直営となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

特定郵便局【とくていゆうびんきょく】

普通郵便局に比べ小規模なものが多く,郵便局全体の4分の3(約1万9000局)を占める。明治政府が郵便制度を始めた際に地域の名士に業務を任せたことに始まる。局舎は局長やその親族から日本郵政公社が借り入れる場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とくていゆうびんきょく【特定郵便局】

1941年(昭和16)に制定された郵便局の一。普通郵便局に比べて小規模であるものが多い。以前は三等郵便局と称された。特定局。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の特定郵便局の言及

【郵便局】より

…その後86年に郵便局を三等級制に改め,郵便取扱役の配置されていた局を三等郵便局に指定し,取扱役の名称も,三等郵便局長と改めた。これが,特定郵便局の前身である。1941年に等級別の格付が廃止されて普通局と特定郵便局とに分けられ,49年には簡易郵便局法が制定されて簡易郵便局が登場することになった。…

※「特定郵便局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特定郵便局の関連情報