コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八多良拍子 やたらびょうし

世界大百科事典 第2版の解説

やたらびょうし【八多良拍子】

夜多羅拍子,八多羅拍子とも書く。日本の雅楽の唐楽曲(唐楽)の拍子のひとつ。2拍と3拍が交替反復する拍節,すなわち5拍子で,舞楽立(ぶがくだち)の《蘇莫者破(そまくしやのは)》(左方(さほう)),《陪臚破(ばいろのは)》《還城楽(げんじようらく)》《抜頭ばとう)》(以上右方(うほう))が現行。《還城楽》と《抜頭》が,左方の舞楽に用いられる場合と管絃立(かんげんだち)で演奏される場合,および《蘇莫者破》と《陪臚破》が管絃立で演奏される場合は,いずれも早只拍子に転換される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

八多良拍子の関連キーワード夜多羅拍子