コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜多羅拍子 やたらびょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜多羅拍子
やたらびょうし

雅楽の音楽理論用語。「八多良拍子」「八多羅拍子」などとも書く。唐楽のリズムの一種で,2拍と3拍を交互に繰返す5拍子から成るリズム型。只拍子の最後の1拍を縮めたものと考えられる。本来,只拍子であったものをこのリズムに基づいて奏する舞には『還城楽 (げんじょうらく) 』『抜頭 (ばとう) 』『陪臚 (ばいろ) 』『蘇莫者 (そまくしゃ) 』の4曲があり,古代より大坂の四天王寺に所属していた楽人によって伝承されてきた。今日は宮内庁楽部の舞楽のレパートリーのなかに入れられ,普通の2拍子や4拍子から成る舞に比較して,軽快で活発な舞として珍重されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone