コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還城楽 げんじょうらく

7件 の用語解説(還城楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

還城楽
げんじょうらく

雅楽のなかの唐楽の曲名。当曲 (中心曲) は太食 (たいしき) 調の曲。『見蛇楽』『還京楽』ともいう。舞があり,1人で舞う。ヘビを好んで食べた西域の人が,ヘビを見つけて喜び勇んで持帰るという勇壮で躍動的な走舞に属する舞。まず太鼓の軽快なリズムに合せて登場し,ヘビを見つけそれを取ろうとしてヘビのまわりを回り,つかまえるさまを舞う。次に曲の中心部において,ヘビをつかまえて喜悦する躍動的な舞を舞い,再び太鼓のリズムを伴奏に退場する。舞人は裲襠 (りょうとう) 装束に奇怪な朱色の面をつけ,桴 (ばち) と金色のヘビを持つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げんじょうらく〔ゲンジヤウラク〕【還城楽】

雅楽の舞曲。唐楽。太食(たいしき)調で、古楽。舞は一人による走舞(はしりまい)。怪奇な面をつけ、桴(ばち)を持ち、作り物の蛇を捕らえて勇壮に舞う。一説に、西域の人が好物の蛇を見つけて喜ぶさまを写したものという。番舞(つがいまい)は抜頭(ばとう)など。見蛇(げんじゃ)楽。還京楽。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

還城楽【げんじょうらく】

雅楽の舞楽曲名。見蛇楽(けんじゃらく),還京楽などとも。太食(たいしき)調の唐楽であるが左方の舞のほか,右方の舞としても演じられる。胡人の扮装(ふんそう)による一人舞で,舞台中央に置かれた作り物のヘビのまわりを舞いながら回り,ついにそれを捕らえるという筋。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんじょうらく【還城楽】

雅楽,舞楽,管絃の曲名。唐楽にふくまれ太食(たいしき)調。一人舞(ただし,左方舞と右方舞の2種類ある)の走舞(はしりまい)(童舞(どうぶ)として舞われることもある)。見蛇(けんだ)楽,還京楽ともいう。番舞(つがいまい)は《抜頭(ばとう)》(左方舞と右方舞がある)。赤色の恐ろしい顔の面をつけ,還城楽用の別装束(赤色裲襠(りようとう)装束)で,右手に桴(ばち)を持って舞う。舞の途中で,蛇持(管方の末席の者)が扇に木製の蛇を乗せて登台し,舞台の中央に置いていく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんじょうらく【還城楽】

げんじょうらく【還城楽】

舞楽の一。左方。太食たいしき調。古楽。一人舞。走舞。胡人の扮装に面をつけ、桴ばちを持ち、作り物の蛇を捕らえて舞う。童舞わらわまいとしても舞われる。かんじょうらく。見蛇けんだ楽。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

還城楽
げんじょうらく

雅楽の曲名。『見蛇(げんじゃ)楽』『還京楽』ともいう。唐楽曲、太食(たいしき)調、舞人1人による走舞で別装束。眉間(みけん)にこぶのある怪奇な面をつけ、左手は剣印という印を結び、右手には赤い桴(ばち)を持つ。同一楽曲で左方(唐楽)、右方(高麗(こま)楽)両方の舞がある珍しい曲で、前者は2拍と4拍の交互拍子(只(ただ)拍子)、後者は2拍と3拍の交互拍子(夜多羅(やたら)拍子)で舞う。全体は、(1)新楽乱声(しんがくらんじょう)、(2)陵王乱序、(3)還城楽音取(ねとり)、(4)当曲、(5)案摩(あま)乱声の5部分よりなり、陵王乱序には「蛇持ち」と称する人が舞台に木製の蛇を置き、これをみつけた舞人が飛び上がる有名な振(ふり)がある。当曲ではこの蛇を左手に持ち勇壮な舞を披露する。一説に、中国西域(せいいき)に住む野蛮人(胡(こ)人)が好物の蛇をみつけて喜ぶようすを舞にしたといわれる。奈良・興福寺の常楽会(2月15日)に古伝承がある。番舞(つがいまい)は『抜頭(ばとう)』など。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone