八大金剛童子(読み)はちだいこんごうどうじ

  • はちだいこんごうどうじ ‥コンガウドウジ

大辞林 第三版の解説

不動明王の使者である八人の童子。すなわち、慧光・慧喜・阿耨達あのくたつ・指徳・烏俱婆迦うぐばか・清浄比丘・矜羯羅こんがら・制吒迦せいたかの称。八大童子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

仏語。密教で不動明王の使者である八人の童子のこと。すなわち、慧光・慧喜・阿耨達・指徳・烏倶婆迦・清浄・羯羅・制咜迦。手に金剛杵(こんごうしょ)を持っているところからいう。また、修験道では除魔・後世・慈悲・悪除・剣光・香精・検増・虚空の八童子をいう。八大童子。
※義経記(室町中か)七「大嶺八大こんがうどうじ、葛城は十万の満山の護法神」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の八大金剛童子の言及

【八大童子】より

不動明王につき従う8人の童子。八大金剛童子ともいう。一般には,慧光(えこう)童子,慧喜(えき)童子,阿耨達(あくた∥あのくた)童子,持徳(指徳)(しとく)童子,烏俱婆伽(うぐばか)童子,清浄比丘(しようじようびく),矜羯羅(こんがら)童子,制吒迦(せいたか)童子をいう。…

※「八大金剛童子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android