コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢所 かしこどころ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賢所
かしこどころ

内侍所ともいう。三種の神器の一つ,皇祖神といわれるアマテラスオオミカミの御霊代 (みたましろ) という神鏡を祀る殿舎内侍がこれを守護した。神鏡は古くは天皇の宮殿に安置されたが,伊勢神宮が創設されると,そこに移され,宮殿には別の神鏡を祀り,ここを賢所といった。平安時代には温明殿,鎌倉時代には春興殿,明治以後は山里御庭,吹上御苑に移された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かしこ‐どころ【賢所】

《恐れ多い所の意》
宮中三殿の一。天照大神(あまてらすおおみかみ)の御霊代(みたましろ)として神鏡を奉安してある所。内侍所(ないしどころ)。けんしょ。
八咫(やた)の鏡のこと。
「内侍も女官も参りあはずして、―を出だし奉るにも及ばず」〈平家・一一〉

けん‐しょ【賢所】

かしこどころ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

賢所【かしこどころ】

内侍所

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かしこどころ【賢所】

宮中で天照大神の御霊代みたましろとして神鏡八咫鏡やたのかがみを安置している所。平安時代には内裏の温明殿うんめいでんの南側にあり、内侍が奉仕したので内侍所ないしどころともいった。現在は皇居の吹上御苑にある。けんしょ。
神鏡。 「 -をいだし奉るにも及ばず/平家 11

けんしょ【賢所】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賢所
かしこどころ

「けんしょ」とも読む。皇居で天照大神(あまてらすおおみかみ)の御霊代(みたましろ)とする神鏡を祀(まつ)ってある所。内侍所(ないしどころ)ともよばれた。三種の神器の一つである神鏡(八咫鏡(やたのかがみ))が、伊勢(いせ)神宮の建立とともに移されたため、宮中では別の神鏡を祀ることにした。当初天皇の起居する所に祀られたが、つねにいっしょであることを避けて別に場所を設けた。これが賢所で、平安宮内裏(だいり)では温明殿(うんめいでん)にあり、鎌倉時代以後は春興殿(しゅんこうでん)に移った。1869年(明治2)明治天皇の東京遷都に伴って、皇居内の山里御庭に造営され、皇居火災後の89年皇霊(こうれい)殿、神殿とともに宮中三殿として吹上御苑(ふきあげぎょえん)内に新造され、現在に至っている。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の賢所の言及

【宮中三殿】より

…皇居に奉斎されている賢所(かしこどころ)・皇霊殿・神殿の3殿の総称。1月3日の元始祭をはじめ,春秋2期の皇霊祭・神殿祭,および神嘗祭・新嘗祭や先帝祭その他の皇室祭祀がここで行われる。…

【内侍所】より

…女官の内侍が守護したところからこの名がある。賢所(かしこどころ∥けんしよ)ともいい,威所,尊所,恐所,畏所とも記す。三種の神器の一つである神鏡は,伊勢神宮に祀られているが,これを模して造った神鏡が天皇の身辺近くに奉安されたもので,平安京では紫宸殿の東北にある綾綺殿(りようきでん)の東に位置する温明殿(うんめいでん)がその場所となった。…

【内侍所】より

…女官の内侍が守護したところからこの名がある。賢所(かしこどころ∥けんしよ)ともいい,威所,尊所,恐所,畏所とも記す。三種の神器の一つである神鏡は,伊勢神宮に祀られているが,これを模して造った神鏡が天皇の身辺近くに奉安されたもので,平安京では紫宸殿の東北にある綾綺殿(りようきでん)の東に位置する温明殿(うんめいでん)がその場所となった。…

※「賢所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賢所の関連キーワード賢所大前の儀賢所御神楽八尺瓊勾玉河面 冬山高中 惣六宮中祭祀八咫の鏡神前結婚皇室祭祀河面冬山橿原神宮明治維新田中頼庸高中惣六綾綺殿八咫鏡守宮神禁秘抄宜陽殿皇霊殿

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賢所の関連情報