コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地拍子 じびょうし

4件 の用語解説(地拍子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地拍子
じびょうし

能楽のリズムに関する用語。謡の詞章をリズムに乗せてうたうための方式で,1句を8個の拍にあてた「本地 (ほんじ) 」を基本とし,その8拍のうちに七五調の1句 12音節をあてはめた「平ノリ」,1拍2音節の割合で 16音節までをあてはめた「中ノリ」,1拍1音節の割合で8音節をあてはめた「大ノリ」,平ノリの特殊なものとしての渡り拍子などの区別がある。また4拍の「トリ」,6拍の「片地」,2拍の「オクリ」のような,本地に比べて不完全な1句もあり,それらの組合せによって句ごとにうたい出しの位置が異なることがあるが,前句の第8拍から出る場合を「半声」といい,第8拍半から出るものを「本間」,第1拍からのものを「当 (あたる) ヤの間」,第1拍半からを「ヤの間」,第2拍からを「ヤアの間」,第2拍半からを「ヤヲの間」,第3拍からを「当ヤヲハの間」,第3拍半からを「ヤヲハの間」という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐びょうし〔ヂビヤウシ〕【地拍子】

謡曲で、詞章を一定のリズムに乗せるための方式。八拍子(やつびょうし)を基本とし、平ノリ・中ノリ・大ノリの三つの型がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じびょうし【地拍子】

能の用語で主として(うたい)のリズムを規制する法則をいう。謡は原則として8個の拍で1句を構成しているため,〈八拍子(やつびようし)〉とも呼ばれる。謡には原則として拍の位置が規定されている〈拍子合(ひようしあい)〉と,規定されていない〈拍子不合(ひようしあわず)〉とがあるが,拍子に合う謡はすべて,1句をこの八拍子に割り付ける。そのリズム型に平(ひら)ノリ,中(ちゆう)ノリ,大(おお)ノリの3種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じびょうし【地拍子】

能の謡で、一定の音数律の歌詞を八拍子やつびようしに割り当てる基本の規則。平ひらノリ(七五調)・中ちゆうノリ(八八調)・大おおノリ(四四調)の3種がある。理念上のもので、実演上は拍と音節の伸縮が多用される。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の地拍子の言及

【能】より

…たとえば,現在の(うたい)にあるヨワ(弱)吟,ツヨ(強)吟という二つの吟型(ぎんがた)が分化したのは江戸時代17世紀末のことだが,その音階はその後も変化を続け,現在の音階に固定したのは江戸最末期から明治時代にかけてである。また詩型とリズムの関係を規制する地拍子も,現在の形式となったのは明治時代以降である。しかしこうした変化の一方,世阿弥のころから少しも変わらない面もある。…

【拍子】より

…そして拍子合の謡はさらに平ノリ,中ノリ,大ノリの3種の別があり,実際の〈拍子当り〉は,各句の字数や節付けによって,さまざまの形がある。このリズム法を地拍子というが,実演に際しては高度なくふうが加えられる。囃子については,笛には謡の地拍子にやや似た事柄があるものの,地拍子とはいわず,また変化の仕方もはるかに少ない。…

【山崎楽堂】より

…喜多流の謡をたしなみ,川崎九淵について葛野流(かどのりゆう)大鼓を学んだ。研究家としては囃子に精通し,地拍子の理論を確立し,鼓の胴に造詣(ぞうけい)が深かった。評論家として《時事新報》《朝日新聞》ほか諸雑誌に能評・時評を執筆,池内(いけのうち)信嘉坂元雪鳥と並び称された。…

※「地拍子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone