コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八文字其笑 はちもんじ・きしょう

1件 の用語解説(八文字其笑の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

八文字其笑

没年:寛延3.8.19(1750.9.19)
生年:生年不詳
江戸時代の書肆,浮世草子作者。安藤氏。江島其磧を代作者として八文字屋を隆盛させた初代八文字自笑の子。元文5(1740)年刊の『忠盛祇園桜』などに,初めて作者として父と連記され,それが延享4(1747)年刊の『自笑楽日記』まで続く。代わって,同年刊の『彩色歌相撲』などからは,子の瑞笑と連記された。ただし,この時期は多田南嶺が代作者であった時期とちょうど重なる。其笑は,実際の文筆面にはほとんどかかわらなかった実務型の人といわれている。<参考文献>長谷川強『浮世草子の研究』,同『浮世草子新考』

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

八文字其笑の関連キーワードザンド朝トーマス教会ウェールズ文学ヒッタイト美術つんく♂NOVAの解約を巡るトラブルソユーズ菱刈鉱山自治体間の災害時相互応援協定梅暮里谷峨

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone