コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八文字其笑 はちもんじ・きしょう

1件 の用語解説(八文字其笑の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

八文字其笑

没年:寛延3.8.19(1750.9.19)
生年:生年不詳
江戸時代の書肆,浮世草子作者。安藤氏。江島其磧を代作者として八文字屋を隆盛させた初代八文字自笑の子。元文5(1740)年刊の『忠盛祇園桜』などに,初めて作者として父と連記され,それが延享4(1747)年刊の『自笑楽日記』まで続く。代わって,同年刊の『彩色歌相撲』などからは,子の瑞笑と連記された。ただし,この時期は多田南嶺が代作者であった時期とちょうど重なる。其笑は,実際の文筆面にはほとんどかかわらなかった実務型の人といわれている。<参考文献>長谷川強『浮世草子の研究』,同『浮世草子新考』

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八文字其笑の関連キーワード浮世草子月尋堂西沢一風八文字屋自笑石川流宣西村市郎右衛門八文字屋自笑(初代)八文字屋瑞笑本多月楽山の八

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone