コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木忠栄 やぎ ちゅうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木忠栄 やぎ-ちゅうえい

1941- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和16年6月28日生まれ。「むむ」「新日本詩人」「悪徒」「炎」「ぎゃあ」などの同人をへて,昭和37年詩集「きんにくの唄」を発表。日常感覚のわずかな裂けめに地獄をかいま見るような詩風。「現代詩手帖」編集長をつとめたのち,48年から個人詩誌「いちばん寒い場所」をだしつづける。詩集はほかに「雨はおびただしい水を吐いた」「雲の縁側」(現代詩花椿賞),エッセイに「詩人漂流ノート」など。落語に関する著作も多い。セゾン文化財団常務理事。27年「雪、おんおん」で詩歌文学館賞,現代詩人賞。新潟県出身。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

八木忠栄の関連キーワード三笑亭 可楽(8代目)桂 吉朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android