八王子街道(読み)はちおうじかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八王子街道
はちおうじかいどう

(1) 神奈川県横浜市から大和市相模原市を経て東京都八王子市にいたる街道国道 16号線にあたる。安政通商条約 (1858) 以後,八王子から横浜へ絹糸を送る道として利用されたので絹街道とも呼ばれた。 (2) 神奈川県平塚市から相模川沿いに北上し,八王子市にいたる街道。途中,相模原市の橋本で横浜市から延びる街道と合する。現在の国道 129号線にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android