八王子市(読み)はちおうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八王子〔市〕
はちおうじ

東京都西部,多摩川支流浅川沿いにある市。南西は神奈川県に接する。市域の北部を秋川丘陵,南部を多摩丘陵が東西に走り,その間に八王子盆地がある。西部は関東山地の南縁にあたり,陣馬山,高尾山のある山岳地帯となっている。1917年市制。1941年小宮町,1955年横山村,恩方村,川口村,加住村,由井村,元八王子村の 6村,1959年浅川町,1964年由木村を編入。地名は元八王子の八王子権現に由来する。天正18(1590)年北条氏照八王子城が落城して以来,横山宿,八日市宿,八幡宿の 3宿がこの地に移り,甲州街道の重要な宿場町,市場町として発展,今日も周辺を商圏とする商業都市である。関東五大機業地の一つで,明治以後の貿易の発達で生糸の集散地に発展。織物関係の中小工場が多く,お召銘仙,多摩結城は古くから知られた特産であった。第2次世界大戦後,八王子駅の周辺に繁華街が形成され,北八王子に工業団地も立地,電気,機械,化学などの大工場が進出した。1960年代以降,JR中央線,横浜線,八高線,京王電鉄相模原線,高尾線や甲州街道,町田街道,野猿街道沿線に,多くの大規模な住宅団地が造成され,都心のベッドタウンの様相を呈している。また郊外には中央大学,東京都立大学(→首都大学東京)をはじめ,多くの大学が都心部より移転,学園都市の性格ももつ。遺跡が多く,船田石器時代遺跡,椚田遺跡(くぬぎだいせき),小仏関跡,滝山城跡,八王子城跡は国の史跡に指定されている。市郊外の武蔵陵墓地,高尾山,滝山城跡,野猿峠などはハイキングの好適地。市域南西部は明治の森高尾国定公園に属し,高尾陣場都立自然公園多摩丘陵都立自然公園秋川丘陵都立自然公園滝山都立自然公園がある。市域中央部を中央自動車道が東西に通り,インターチェンジがある。面積 186.38km2。人口 57万7513(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報