コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八百 ハッピャク

デジタル大辞泉の解説

はっ‐ぴゃく【八百】

《八の百倍の数から》物事の数の多いことをいう語。「うそ八百

や‐お〔‐ほ〕【八百】

百の八倍。はっぴゃく。また、非常に数の多いこと。多く、名詞に付いて接頭語的に用いられる。「八百日(か)」「八百丹(に)よし」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっぴゃく【八百】

数の名。また数の多いことのたとえ。 「うそ-」

やお【八百】

百の八倍。はっぴゃく。また、数が多いこと。多く名詞の上に付いて複合語として用いられる。 「 -日」 「 -重」 「 -万よろず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八百の関連キーワード常磐津 文字兵衛(2代目)栃木県栃木市西方町真名子蝶花楼 馬楽(5代目)ヤオハンジャパン[株]高知県高岡郡檮原町中平実川 八百蔵(2代目)関 三十郎(4代目)市川 中車(7代目)岩井 紫若(4代目)市川八百蔵(2代)市川八百蔵(初代)実川八百蔵(2代)市川八百蔵(6代)桂 文吾(4代目)市川中車(8世)岩井紫若(4代)肉屋の正直な食堂嘘八百・噓八百常磐津 松寿八百比丘尼

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八百の関連情報