八重崎検校(2)(読み)やえざきけんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八重崎検校(2) やえざきけんぎょう

1776?-1848 江戸時代後期の箏曲(そうきょく)家。
安永5年?生まれ。浦崎検校門下。京都で地歌三味線と箏との合奏形式の作曲による新様式を完成。門下に2代松崎検校,光崎検校がいる。松浦検校,菊岡検校,石川勾当(こうとう)らのおおくの地歌三味線曲に箏の手付け(箏パート作曲)をした。嘉永(かえい)元年9月11日死去。73歳?名は壱岐之都(いきのいち)(三保一の説もある)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android