コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八野忠次郎 はちの ちゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八野忠次郎 はちの-ちゅうじろう

1908-1993 昭和時代の宮大工。
明治41年6月22日生まれ。生地岐阜県高山の小学校を卒業後,宮大工弟子入り。国府町荒城神社本殿などの修理復元を手がける。日中戦争で負傷。大工をあきらめ,昭和24年高校教師となる。45年高山陣屋跡修理の主任となり,復元工事を指揮した。平成5年11月5日死去。85歳。著作に「飛騨のたくみ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

八野忠次郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android