八隅(読み)ヤスミ

デジタル大辞泉の解説

や‐すみ【八隅】

《枕詞「やすみしし」の「やすみ」を、万葉集で「八隅」と表記したものがあるところから》天皇の統治する国の四方八方のすみずみ。
「天の下―の中にひとりますしまの大君万代までに」〈夫木・三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やすみ【八隅】

〔枕詞「やすみしし」の「やすみ」に、万葉集で「八隅」と表記したことから生まれた語〕
四方八方のすみ。すみずみ。 「 -しるなをのがれて/新古今 仮名序

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐すみ【八隅】

〘名〙 (枕詞「やすみしし」の「やすみ」に、「万葉集」で「八隅」と表記したものがあるところから用いられる語) (天皇の治める)国土の四方八方のすみずみ。→八隅知(やすみし)る
※夫木(1310頃)三六「天の下八すみの中にひとりますしまの大君万代までに〈源実朝〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八隅の関連情報