コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パー

デジタル大辞泉の解説

パー【八】

《〈中国語〉》八。八つ

はち【八】

数の名。7の次、9の前の数。やっつ。やつ。
8番目。第8。
八の字」の略。「額(ひたい)にを寄せる」
[補説]金銭証書などでまちがいを防ぐため「捌」を用いることがある。

はち【八】[漢字項目]

[音]ハチ(呉) ハツ(漢) [訓]や やつ やっつ よう
学習漢字]1年
〈ハチ〉
数の名。やっつ。「八卦(はっけ)八州八方尺八四苦八苦四通八達
八番目。「八階・八月
八回。「七転八倒(しってんばっとう)
〈や〉「八重八千代
[名のり]かず・わ・わかつ
[難読]八仙花(あじさい)八幡船(ばはんせん)八百長(やおちょう)八百屋(やおや)八寸(やき)八尺瓊(やさかに)八洲(やしま)八十(やそ・やそじ)八咫(やた)八岐大蛇(やまたのおろち)

はつ【八/鉢】[漢字項目]

〈八〉⇒はち
〈鉢〉⇒はち

や【八】

《「よ(四)」の母音交替形としてその倍数を表したもの》
はち。やっつ。声を出してかぞえるときの語。やあ。「いつ、むう、なな、
はち。やっつ。多く、名詞の上に付けて用いる。「七転び起き」
名詞の上に付けて、数量が多いことを表す。「重咲きの花」「雲たつ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

パー【八】

〔中国語〕
八。

はち【八】

数の名。七より一つ多い数。末広がりの字形から、縁起のよい数とされる。や。やつ。やっつ。 〔大字として「捌」の字を用いる〕 → 八の字
[句項目]

や【八】

〔「よ(四)」の母音交替形で、倍数を表す〕
はち。やっつ。 「いつ、む、なな、-、ここの、とお」
はち。名詞の上に付いて複合語を作る。 「 -歳とせ
名詞の上に付いて数の多いことを表す。 「 -重やえ」 「 -千代やちよ」 「 -雲やくも立つ」 「 -衢やちまた

やあ【八】

「や(八)」の長音化した語。数を数える時に用いる。 「いつ、むう、なな、-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八の関連キーワード徳島県阿波市土成町土成香川県高松市牟礼町牟礼愛媛県松山市浄瑠璃町ショーペンハウエル肉屋の正直な食堂八十八夜の別れ霜四国八十八箇所八十路・八十オクタゴン天竜八部衆御遍路さんオクテット八十八箇所八日市町ひもの屋八百八町十中八九名残の霜八重咲き末広がり

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八の関連情報