(読み)パー

デジタル大辞泉の解説

パー【八】

《〈中国語〉》八。八つ

はち【八】

数の名。7の次、9の前の数。やっつ。やつ。
8番目。第8。
八の字」の略。「額(ひたい)にを寄せる」
[補説]金銭証書などでまちがいを防ぐため「」を用いることがある。

はち【八】[漢字項目]

[音]ハチ(呉) ハツ(漢) [訓]や やつ やっつ よう
学習漢字]1年
〈ハチ〉
数の名。やっつ。「八卦(はっけ)八州八方尺八四苦八苦四通八達
八番目。「八階・八月
八回。「七転八倒(しってんばっとう)
〈や〉「八重八千代
[名のり]かず・わ・わかつ
[難読]八仙花(あじさい)八幡船(ばはんせん)八百長(やおちょう)八百屋(やおや)八寸(やき)八尺瓊(やさかに)八洲(やしま)八十(やそ・やそじ)八咫(やた)八岐大蛇(やまたのおろち)

はつ【八/鉢】[漢字項目]

〈八〉⇒はち
〈鉢〉⇒はち

や【八】

《「よ(四)」の母音交替形としてその倍数を表したもの》
はち。やっつ。声を出してかぞえるときの語。やあ。「いつ、むう、なな、
はち。やっつ。多く、名詞の上に付けて用いる。「七転び起き」
名詞の上に付けて、数量が多いことを表す。「重咲きの花」「雲たつ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

パー【八】

〔中国語〕
八。

はち【八】

数の名。七より一つ多い数。末広がりの字形から、縁起のよい数とされる。や。やつ。やっつ。 〔大字として「捌」の字を用いる〕 → 八の字
[句項目] 八を寄せる

や【八】

〔「よ(四)」の母音交替形で、倍数を表す〕
はち。やっつ。 「いつ、む、なな、-、ここの、とお」
はち。名詞の上に付いて複合語を作る。 「 -歳とせ
名詞の上に付いて数の多いことを表す。 「 -重やえ」 「 -千代やちよ」 「 -雲やくも立つ」 「 -衢やちまた

やあ【八】

「や(八)」の長音化した語。数を数える時に用いる。 「いつ、むう、なな、-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

パー【八】

〘名〙 「八」の中国音。はち。やっつ。

はち【八】

〘名〙
① 数の名。七に一を加えた数。また、第八番目。やっつ。
※源氏(1001‐14頃)紅梅「八の宮の姫君にも」
② 「はちべえ(八兵衛)」の略。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第九「俤は坊主ころしが諷ふて出る 八の口鼻(かか)めはいつの世語り」
近世上方語でかしましい人をいう。〔新撰大阪詞大全(1841)〕
④ 質(しち)をいう、人形浄瑠璃社会の隠語。質を七に通わせ、それを八といいかえたもの。
滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「れき(〈注〉あの衣)を孫三(〈注〉もらひ)として八(〈注〉質)えかめ(〈注〉入)たら」

ぱま【八】

〘名〙 (「八」の唐音から) 数の八をいう。江戸時代、拳(けん)で用いた。
※浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)中「拳の手品の手もたゆく、ろませさい、とうらい、さんな、同じ事とよ豊川に、声の高瀬がさす腕には、はま、さんきう、ごう、りう、すむゐそれそれ何と」

や【八】

〘名〙 (よ(四)の母音交替形としてその倍数を表わしたもの)
① 八つ。名詞助数詞の前に直接つけて用いる。具体的な数ではなく数の多いことを表わす場合もある。「八重(やえ)」「八岐(やまた)の大蛇(おろち)」「八雲」など。
物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの八。実際に唱えるときには「やー」と長く発音することも多い。やあ。
年中行事秘抄(12C末)鎮魂祭歌「一(ひと)(ふた)(み)(よ)(いつ)(むゆ)(なな)や九(ここの)(たりや)
[補注]「や」は副詞の「いや」(縮約形の「や」もある)と同源との説も近世に見られるが、荻生徂徠は『南留別志』で「ふたつはひとつの音の転ぜるなり。むつはみつの転ぜるなり。やつはよつの転ぜるなり」とする。

やあ【八】

〘名〙 (「や(八)」をのばしていう語) 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの八。
※洒落本・青楼夜世界闇明月(1789‐1801)局鄽宵多語「ひいふうみいよういつむうななやアこのとう十一、トかぞへる内に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八の関連情報