コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律 こうきょうようひこうじょうしゅうへんにおけるこうくうきそうおんによるしょうがいのぼうしとうにかんするほうりつ

1件 の用語解説(公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律
こうきょうようひこうじょうしゅうへんにおけるこうくうきそうおんによるしょうがいのぼうしとうにかんするほうりつ

昭和 42年法律 110号。通称は航空機騒音防止法。特定飛行場周辺において住宅の防音工事の助成,建物などの移転補償,緩衝緑地帯などの整備を行うほか,学校,病院などの防音工事および共同利用施設整備の助成などを行うことを目的とする法律。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律の言及

【空港公害】より

…このような日常の生活妨害にとどまらず騒音や振動はいらだちや不快感などの精神的被害をもたらし,聴力低下やストレスを介して生理機能に影響を与え,高血圧,胃腸障害などの健康被害さえ与える。 このような空港公害を軽減するために,〈公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律〉(略称,航空機騒音防止法)が制定(1967)されており,運輸大臣が指定する特定空港の周辺で騒音のうるささの程度WECPNL(加重等価持続知覚騒音レベルweighted equivalent continuous perceived noise level――航空機の音質,音量,飛行回数,音の継続時間,昼夜の時間帯別頻度を総合した騒音単位)75以上を1種区域として,住宅や学校,病院などの防音工事を実施し,85以上の2種区域では騒音地域外に移転を希望する住民に対して移転補償をし,95以上の3種区域では土地の買入れによる緩衝緑地帯の造成などの対策を実施している。防衛基地についても〈防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律〉(1974)により,民間空港とほぼ同様の対策がとられている。…

※「公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律の関連キーワード海賊国際民間航空機関空路航空機関士ASRHTA航空機燃料国内航空傷害保険母機航空機の強取等の処罰に関する法律

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone