コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公共経済 こうきょうけいざいpublic economy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公共経済
こうきょうけいざい
public economy

国民経済における公共部門,すなわち,政府部門の経済活動を対象とする経済の一分野で,市場の失敗や不公正な所得分配に対する公共部門の政策を厚生経済学に基づいて分析する。完全競争市場の価格メカニズムを失敗させるような大規模の諸要因を解決するためには,公共部門による市場への政策介入が必要になる。そのような公共部門の政策の有効性については,厚生経済学に基づいて公共財の供給,医療保険,社会保障,教育などの公共支出および租税制度と公債などの公共収入の経済分析,マクロ的な安定化政策の分析,あるいは政治過程の経済分析などを行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

公共経済の関連キーワードサミュエルソン(Paul Anthony Samuelson)ダイヤモンド(Peter A. Diamond)リチャード・A. マスグレイブジェイムズ・M. ブキャナンM.S. フェルドスタインジョセフ スティグリッツドイツ連邦共和国基本法スピルオーバー効果男女平等ランキングL. ヨハンセンスティグリッツマスグレーブミクロ経済学交通経済学マーリーズビッカリー野口悠紀雄公共経済学公共投資意思決定

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公共経済の関連情報