コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公弁入道親王 こうべんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公弁入道親王 こうべんにゅうどうしんのう

1669-1716 江戸時代前期-中期,後西天皇の第6皇子。
寛文9年8月21日生まれ。公海の弟子となり,京都毘沙門堂に入室。延宝6年親王宣下をうけたのち出家。元禄(げんろく)3年輪王寺門跡(もんぜき)。6年天台座主(ざす)となり,宝永4年再任。狩野常信に画をまなび,書にもすぐれた。正徳(しょうとく)6年4月17日死去。48歳。幼称は貴宮。俗名は秀憲。号は大明院(だいみょういん)。著作に「武州東叡山新建瑠璃殿記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

公弁入道親王の関連キーワード享保徳川吉宗享保の改革シャクシャイン石田未得シャクシャイン公弁法親王福知山藩豊前国ケンペル

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone