コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公弁入道親王 こうべんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(公弁入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公弁入道親王 こうべんにゅうどうしんのう

1669-1716 江戸時代前期-中期,後西天皇の第6皇子。
寛文9年8月21日生まれ。公海の弟子となり,京都毘沙門堂に入室。延宝6年親王宣下をうけたのち出家。元禄(げんろく)3年輪王寺門跡(もんぜき)。6年天台座主(ざす)となり,宝永4年再任。狩野常信に画をまなび,書にもすぐれた。正徳(しょうとく)6年4月17日死去。48歳。幼称は貴宮。俗名は秀憲。号は大明院(だいみょういん)。著作に「武州東叡山新建瑠璃殿記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

公弁入道親王の関連キーワード浅井忠綱(2代)池田政倚上田永朴小瀬復庵朽木定盛薩摩外記(3代)鈴虫勘兵衛太兵衛妻木頼隆藤田長左衛門

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone