コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公弁入道親王 こうべんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公弁入道親王 こうべんにゅうどうしんのう

1669-1716 江戸時代前期-中期,後西天皇の第6皇子。
寛文9年8月21日生まれ。公海の弟子となり,京都毘沙門堂に入室。延宝6年親王宣下をうけたのち出家。元禄(げんろく)3年輪王寺門跡(もんぜき)。6年天台座主(ざす)となり,宝永4年再任。狩野常信に画をまなび,書にもすぐれた。正徳(しょうとく)6年4月17日死去。48歳。幼称は貴宮俗名は秀憲。号は大明院(だいみょういん)。著作に「武州東叡山新建瑠璃殿記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

公弁入道親王の関連キーワード藤原定子(2)公寛入道親王後西天皇小河立所

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android