入室(読み)ニュウシツ

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐しつ〔ニフ‐〕【入室】

[名](スル)
部屋にはいること。「かぎを開けて入室する」「入室禁止」⇔退室
研究室などの一員となること。「助手として入室する」
《「論語先進から》学芸奥義に到達すること。
仏語の室に入り、道を問うこと。また、師から法を相続すること。にっしつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にっしつ【入室】

〘仏〙
禅宗で師の居室に一人ではいり、修行上の教えを受けたり、自己の修行の成果を試してもらうこと。
真言宗で灌頂を受けて、師の仏法を継承すること。 → にゅうしつ(入室)

にゅうしつ【入室】

( 名 ) スル
部屋にはいること。 ⇔ 退室
〔論語 先進〕 学問・芸術の奥義に達すること。
〘仏〙 「にっしつ(入室)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入室の関連情報